大阪市生野区北巽駅近くの歯医者さん医療法人 新井歯科医院

〒544-0004 大阪市生野区巽北3丁目12-13
Tel 06-6754-8755

小児歯科

>医療法人 新井歯科医院のモットー
>歯科用CTスキャナー
>当院のインプラント治療
求人案内

永久歯の生え始めの歯並びに注意

一般歯科乳歯は生後6、7ヶ月で生え始め、3歳くらいまでに20本揃い、その後、6歳頃から永久歯が生え初め、10〜12歳までに乳歯は抜け落ちます。その乳歯には永久歯が生えてくるための場所を確保するための重要な役割があります。大きな虫歯や、事故等により予定より早めに乳歯が抜けてしまうことで、その後の歯並びに強く影響してしまいますので、注意が必要です。

なぜ歯並びが悪いと問題が起こるのか

なぜ歯並びが悪いと問題が起こるのか歯並びに問題があると、見た目の問題以上に深刻な問題があります。
それは、唾液を良く分泌し、食べ物の消化を良くするという成長期にかかせない行動パターンが獲得できないということです。この一連の行動ができないと顎の成長に悪影響だけでなく、大人になっても偏食や早食いなど生活習慣病の原因にもなります。
そのため、この乳歯の時期により良い食習慣を身につけることは、非常に重要な事なのです。

医療法人 新井歯科医院でのサポート

乳歯だから虫歯になっても問題が無いのではなく、永久歯への貴重な準備期間として親御さんにご理解頂き、その上でお子様の自律した発育をサポート致します。

お子様の歯の状態の診断

1.生活習慣について伺います。

睡眠時間、嗜好品、歯磨きの習慣、食生活

2.お口の中の確認

虫歯がないか、磨き残しがないか、永久歯の存在、歯並びの確認、悪習癖(舌をよく噛むなど)の確認歯肉炎、口内炎の確認をします。

3.治療・予防計画の提示

それらを考慮して治療や予防の計画を提示致します。


 
BACK TO PAGE TOP