小児矯正

pediatric correction

小児矯正

一般歯科

矯正治療は永久歯がすべて生え揃ったら、そのように思っている方は多いのではないでしょうか?
ですが、それを待っていると動かしづらい位置に歯が生えてしまったり、抜歯が必要になってしまったり、何かと治療が大変になってしまうケースがあります。そうなる前に、歯が生えてくる段階で正しい位置に歯を導いてあげること、それが「床矯正」という治療法です。

そもそも悪い歯並びは、顎が小さく歯がきれいに入りきらないことによって起こります。
床矯正は取り外し可能な拡大床装置というもの作り、それを装着することで顎や口の面積を広げ、歯がきれいに出てこられるようスペースを作ってあげます。そうすることで将来抜歯になるリスクを下げられる上、ブラケット装置を使った痛い矯正治療も最小限に抑えることができます。
大きなメリットとして、装置を取り外せるため、歯磨きがしっかりでき虫歯の心配が減ります。また、写真撮影など装置がない方が良い場合も長時間でなければ取り外して大丈夫です。

小児矯正の開始時期は?

一般歯科

治療時期は、乳歯が永久歯に生えかわる前にスタートできるのが理想ではあります。
顎の成長は9歳ごろがピークですので、できればその前には治療を始められた方が良いでしょう。
そしてすべての歯が生えかわり歯並びに問題がなければ終了、気になるところがあればブラケット装置で調整を行うという流れになります。

床矯正はブラケットを使った矯正に比べ、通院頻度や装置を替える頻度が少ないため、治療費が安く済む場合が多いです。
また大人でも可能な治療方法ですので、9歳を過ぎてからでも床矯正で歯列を治せる可能性は大きいです。
お子様の歯並びで悩まれている、なるべく歯は抜きたくない、そのようにお考えの方はぜひ当院に一度ご相談ください。